close

NEWS
お知らせ

横浜市市民協働推進センター団体登録手続きについて

お知らせ
2020.06.23
横浜市市民協働推進センター団体登録手続きについて

横浜市市民協働推進センター団体登録手続きについて

<横浜市市民協働推進センター団体登録手続きについて>

 横浜市市民協働推進センターには、協働事業の打ち合わせ等で利用できる場所として、協働ラボ(大岡川沿い)、協働イベントやミーティングスペースに利用できる場所としてスペースAB(アトリウム側)があります。

ご利用にあたり、団体登録が必要となります。
詳しくは、以下の手順に沿って、手続きをお願いいたします。

1.申請書記入

こちら団体登録専用フォームにご記入ください。

※手書きで申請書作成・提出をご希望の方はセンター窓口でお受け取りください。

2.ヒアリングの予約

 ヒアリングの日程・時間帯を調整し、予約しますので、ご都合のよい時間にお電話をお願いいたします。

045-671-4732

(開館時間:平日9:00-20:00、土日祝日9:00-17:00)
※ヒアリング当日ご利用希望の場合は、希望時間30分前には予約をお取りください。
※上記の場合、まずホームページでスペースABの空き状況をご確認ください。
※協働イベントが開催されている時間帯は、スペースABはご利用できません。

3.ヒアリングにあたって

※協働イベントが開催されている時間帯は、スペースABはご利用できません。
■ヒアリングの際に、次の資料をご持参ください。
<資料>
1.定款または会則、規約
2.活動計画書またはそれらに類するもの
3.前年度(前期)の活動報告書またはそれらに類するもの
※ 団体の会則・規約がない場合は、当方でひな型を用意していますので、ご相談ください。(横浜市を所轄庁とするNPO法人の方は、上記の資料の提出は省略できます)

■センターのご利用は、登録書の発行が完了してからとなります。
完了は、団体または連絡先のお電話でお知らせいたします。

<「規則・会則・規約」ひな形>

1)【「まずは少人数で活動をスタートする」「簡易な様式で会則をつくりたい」という主に小規模の団体の方へ】(総会に関する規定なし)
規則・会則・規約例1

2)【これから組織的・持続的に活動していきたいという団体の方へ】(総会や役員に関する規定あり)
規則・会則・規約例2

3)【法人化も視野に、より組織を強化していきたいという団体の方へ】(表決権・事務局の規程あり)
規則・会則・規約例3

※法人格のない任意団体の会則や規約は、特にこれ、という決まった形式はありません。
どんな団体にしていきたいかメンバーの皆さんと話し合いながら、団体の状況に応じたオリジナルの規約を作ってください。

4.登録内容の確認・登録証の発行
申請書類およびヒアリング内容をもとに、「非営利性」「自主性」「公益性」「属市域性」の要件を全て満たしていることを確認し、2~3週間で登録証とID番号を発行します。
★利用の際には、ID番号が必要となります。


プロジェクトチーム(団体)登録について

横浜市市民協働推進センター プロジェクトチーム(団体)登録について

こちら「プロジェクトチーム専用フォーム」にご記入ください。


感染防止に向けて

※団体登録手続きのヒアリングの際は、
ソーシャルディスタンスを保ち、行わせていただきます。
———————————
【感染防止に向けて】
●発熱や倦怠感など、体調が悪い方はご利用をお控えください。
 ※感染の拡大状況により入り口での検温を実施させていただく場合がありますので、ご理解ご協力をお願いいたします。
●館内に入られる際には、手指の消毒およびマスクの着用をお願いします。
目次
横浜市市民協働推進センター団体登録手続きについて
プロジェクトチーム(団体)登録について
感染防止に向けて


up